よくあるご質問 ~ 法人顧問編 ~

【 業務の依頼ついて 】

  Q 1-01. 初めて相談しますが、相談料はかかりますか?

  Q 1-02.   報酬の見積もりをお願いする場合は、なにを用意したらよいですか?

  Q 1-03. 税理士に業務を依頼するタイミングはいつが多いですか?

  Q 1-04.   毎月の訪問をしてもらえますか?

  Q 1-05.   経理のすべてをお願いすることはできますか?

  Q 1-06. 業務を引き受けていただけない場合はありますか?

  Q 1-07.   税理士本人に訪問してもらえますか?

  Q 1-08.   決算申告のみをお願いすることはできますか?

  Q 1-09.   現在お願いしている税理士がいますが、相談だけのお願いはできますか?

  Q 1-10.   3月決算法人ですが、年間スケジュールはどのようになりますか?

  Q 1-11.   定期訪問の際にはどのような資料をいただけますか?

  Q 1-12.   報酬はどのようなことで決まりますか?

  Q 1-13.   報酬の支払い方はどのようになりますか?

  Q 1-14.   登記、社会保険、許認可、特許などの申請を依頼することはできますが?

  Q 1-15.   給与計算もしていただけますか?

  Q 1-16.   別料金がかかる作業にはどのようなものがありますか?

  Q 1-17.   電子申告には対応していますか?

  Q 1-18.   正確な試算表を早く確認したいのですが、いい方法はありますか?

  Q 1-19.   資金繰り表などの経営資料の作成や指導などはしていただけますか?

  Q 1-20.   個人から法人へ移行する理由にはどのようなものがありますか?

  Q 1-21.   電子メールで連絡や相談をすることができますか?

 

【 税務調査ついて 】

  Q 2-1.   調査官との面談で気をつけた方がいいポイントはありますか?

  Q 2-2.   税務調査の対象とされやすい会社にはどのような特徴がありますか?

 

【 銀行対応ついて 】

  Q 3-1.   銀行が重視する決算書のポイントは何ですか?

    Q 3-2.   銀行の担当者に好かれる社長のポイントは何ですか?

 

【 経営相談で実感すること 】

  Q 4-1.   経営者が抱える悩みで多いものは何ですか?

  Q 4-2. 経費削減で注意したいことはありますか?

  Q 4-3.   経営者自身が「本当に辛い!」と思う瞬間とはどんな時ですか?

  Q 4-4.   経営相談の具体的な相談相手とは誰ですか?

 

 

業務の依頼について

Q 1-1.初めて相談しますが、相談料はかかりますか?

 税金の申告、帳簿の作成、税務顧問などの税理士業務の依頼にあたってのご相談については、料金はいただいておりません。

 

 また、税金に関する相談のみをご希望の場合は、相談する税目(法人税・所得税・相続税など)にかかわらず 1時間あたり5,400円(税込)をいただいております。

 

 ご自宅などにお伺いする場合は、別途、出張料3,240円(税込)かかります。

 

 ご相談の際には、お問い合わせフォームより、事前に相談される内容(大まかな経緯)をお伝えいただけると、ご提案できる内容もより充実したものになると思います。

 

 

Q 1-2.報酬の見積もりをお願いする場合は、なにを用意したらよいですか?

 報酬のお見積もりの際には、つぎのような書類をご準備いただいております。

 

  1.新しく設立(開業)された方

     ① 定款

     ② 謄本(登記事項証明書)  ※個人事業者様の場合はともに不要です。

 

  2.すでに事業を行っている(新規設立ではない)方

     ① 直近の決算申告書一式(2期分)

     ② 総勘定元帳(1期分)

     ③ 会計事務所に引き渡していた帳簿書類一式

     ④ 定款(法人の場合)

 

  ※ すでに税務署等に提出した届出書などがありましたら合わせてご持参ください。 

 

 また、つぎの内容についても、前もって考えておいていただけるとスムーズです。

 

  (1)会社(事業)をどのようにしていきたいですか?

 

  (2)税理士にどのような業務を頼みたいですか?

 

     ※ 参考までに業務内容のページをご覧ください。

 

 

Q 1-3.税理士に業務を依頼するタイミングはいつが多いですか?

 業務のご依頼やご相談をいただくタイミングで多いのはつぎのような場合です。

 

   ・新しく個人事業を始めたとき

   ・会社(法人)を設立したとき

   ・会計処理や記帳方法がわからなかったとき

   ・金融機関から融資を受けようとしたとき

   ・商工会議所青色申告会から税理士関与を勧められたとき

   ・売上が1,000万円を超えたとき

   ・税や経営に関するアドバイスの必要性を感じたとき

   ・税務調査の連絡(税務署からのお尋ね)があったとき

   ・突発的な収入があって急に利益が上がったとき

 

 

Q 1-4.毎月の訪問をしてもらえますか?

 おおむね、毎月(月1回)のご訪問を標準とさせていただいております。

 

 ただ、比較的規模の小さい企業様で、特にお客様のご要望がない場合については、おおむね2~3か月に1度とさせていただいている場合もあります(報酬が割高になるためです)。

 

 ご訪問の頻度については、ご契約時のお客様との合意事項として、顧問契約書に明示しています。

 

 

Q 1-5.経理のすべてをお願いすることはできますか?

 誠に申し訳ございませんが、最低でも現金出納帳の記帳領収書・請求書の整理だけはお客様の方での処理をお願いしています。

 

 

Q 1-6.業務を引き受けていただけない場合はありますか?

 誠に申し訳ございませんが、つぎのような場合は、ご要望に添えないこともあります。

 

  ・脱税志向のある方(税のルールを大きく逸脱した要求をされる方)

  ・お約束を守っていただけない方

 

 もちろん、適法な範囲での節税対策や特例の活用などは積極的にご提案しています。

 経営のサポート(最後まで寄り添う業務)と税金の申告(時には最後までは寄り添えない業務)とを両立させるためには、経営者様と顧問税理士との間の信頼関係を欠かすことはできません。 

 

Q 1-7.税理士本人に訪問してもらえますか?

 当事務所では、税理士(有資格者)本人が直接訪問しています。

 

 

Q 1-8.決算申告のみをお願いすることはできますか?

 法人の決算申告書の作成のみ(年1回の関与)のご依頼はご遠慮させていただいております。また、個人事業の方については個別に相談させていただいております。

 

 

Q 1-9.現在お願いしている税理士がいますが、相談だけのお願いはできますか?

 「相談のみ」のご依頼もお受けいたしております。

 また、ご相談にあたっては、顧問契約の催促営業活動などは控えております。 

 

 

Q 1-10.3月決算法人ですが、年間スケジュールはどのようになりますか?

 比較的規模の小さい会社様(資本金が1,000万円以下:3月決算)の場合は、つぎのようになります。

 

  【7月】・源泉所得税の納付(1月~6月分)

 

  【12月】・年末調整

        ・従業員から必要書類の回収

        ・従業員給与の所得税の精算

 

  【1月】・源泉所得税の納付(7月~12月分)

      ・法定調書合計表の作成・・・税務署

      ・給与支払報告書の作成・・・市役所

      ・償却資産税申告書の作成・・・市役所

 

  【2月】・決算対策(決算予測・節税対策・納税計画)

  【3月】・決算についての準備(在庫・仕掛の棚卸・請求書の整理など)

  【4月】・申告についての準備(掛け取引・減価償却・未払費用)

 

  【5月】・法人税等の申告・納付(税務署・道府県税事務所・市役所)

      ・消費税の申告・納付(税務署)

 

 

Q 1-11.定期訪問の際にはどのような資料をいただけますか?

 定期的にご訪問をさせていただいているお客様には、つぎの資料をお渡ししています。

 

 1.月次試算表・・・・・・企業の経営状況の途中経過(期中)がわかります

 2.推移財務報告書・・・・ひと月ひと月の売上高・経費・利益がわかります

 3.売上高のグラフ資料・・過去から現在の売上高の推移がビジュアルでわかります

 4.納税計画書・・・・・・いつ、いくらぐらいの税金がかかるのか(予想)がわかります

 

 

Q 1-12.報酬はどのようなことで決まりますか?

 おおむね、つぎのような項目を中心に報酬の見積りを行っています。

 

  ① 売上高  ② 従業員数  ③ 処理件数  ④ 利益・役員報酬の金額

  ⑤ 経営者のニーズ(どのようなことを頼みたいのか)

 

  ・作業量・・・どのくらいの作業量があるか(事務処理にかかる時間・訪問頻度)

  ・難易度・・・どのくらいの技術を必要とするか(判例等の調査・確認に要する水準)

  ・責 任・・・どのくらいのリスクと負担が生じるか

  ・成 果・・・どのくらいの効率化(税負担や事務等の軽減)が見込めるか

 

 

  【目安】売上高が2,000万円~5,000万円(従業員3~5名程度)の場合

 

   【 株式会社・有限会社 】 月額:30,000円(税別)より

   【 個人(事業所得) 】 月額:20,000円(税別)より

 

  その他に、決算申告時に3~6か月分、年末調整時に1か月分がかかります。

 

 

 また、つぎのような特別な事情がある場合については別途考慮しています。

 

  ・1社で複数の業種を営んでいる場合

  ・1社で複数の事業所(支店や営業所)がある場合

  ・外国企業との取引(海外取引)がある場合

  ・特別に難易度の高い業務が含まれている場合

  ・経理担当者がいない(又は特別な指導を行わなければならない)場合

  ・宿泊を伴うなど遠隔地への訪問が必要な場合

 

 

Q 1-13.報酬の支払い方はどのようになりますか?

 おおむね、つぎのような方法によっています。

 

 【お支払いのタイミング】

   ・月額顧問料・・・・・・毎月月末締め/当月末払い

   ・決算申告報酬・・・・・決算日の2か月後の月末払い

   ・年末調整等・・・・・・毎年1月末払い

   ・税務調査の立会い・・・その都度

 

 【お支払いの方法】

   ・口座振込み(請求書を発行します)

   ・口座自動振替(毎月28日または5日のいずれか)

   ・ご訪問時の現金でのお支払い 

 

 

Q 1-14.登記、社会保険、許認可、特許などの申請を依頼することはできますが?

 登記や社会保険、許認可などの申請については、税理士業務の範囲外になりますが、当事務所では、各業務の専門家である、司法書士(登記)、社会保険労務士(労務・社会保険・補助金)、行政書士(許認可)、弁理士(特許)などを個別にご紹介することもできます。

 

 

Q 1-15.給与計算をしていただけますか?

 給与計算(社会保険・雇用保険・源泉所得税・住民税の各計算)につきましては、別料金にてお受けしております。

 

 

Q 1-16.別料金がかかる作業にはどのようなものがありますか?

 別料金をご負担いただく業務には、つぎのようなものがあります。

 

  ・税務調査の立会い

  ・給与計算業務

  ・各種の経営資料の作成(Q19を参照)

  ・経理のIT化や効率化に関する提案や指導

  ・中小企業会計基準への準拠(チェックリスト作成)のための業務

  ・資金調達やリスケなどに伴う事業計画書などの作成

  ・その他(自社株式の株価算定、修正申告書や資料箋の作成など)

  

 

Q 1-17.電子申告には対応していますか?

 お客様からの特別のご要望がない限りは、すべての申告業務を電子申告で行っています。

 

 なお、電子申告を行うにあたっては、お客様側でのパソコン環境の整備(設定)や電子署名用のカードの取得などの必要はありません。

 

 また、インターネットバンキングをご利用されている場合は、電子納税(インターネット上での税金の支払い)の手続きを取ることもできます。

 

 

Q 1-18.正確な試算表を早く確認したいのですが、いい方法はありますか?

 クラウドシステムの運用ができる会計ソフトの導入を勧めています。

 

 この会計ソフトは、お客様のパソコン(会計ソフト)と当事務所のパソコン(会計ソフト)とをクラウドサーバで中継させることによって、常にお互いの会計データを連動させることができるソフトです。

 

 お客様が入力した会計データ(入力処理)が瞬時に当事務所の会計ソフトに反映され、また逆に、当事務所が入力(修正)した会計データ(試算表)がリアルタイムでお客様の会計ソフトに反映されます。

 

 最新の試算表の内容を常に把握することは、コスト管理、節税、資金繰りなどといった『経営の次の一手』の要(かなめ)になる重要なポイントになります。

 

 ※ 当事務所が勧めているクラウドシステム機能のついた会計ソフトの利用料

  (随時のバージョンアップ料込み)は月額2,160円(税込)で提供しています。

 

  

Q 1-19. 資金繰り表などの経営資料の作成や指導などはしていただけますか?

 試算表や決算書以外の経営資料で、経営者様のニーズが最も高いもののひとつに「資金繰り表」があります。

 

 将来的な資金ショートを事前に察知して、それに素早く対処するためには、「資金繰り表」の作成は必須の作業になります。(簡単な資金繰り表のフォーマットとセミナー資料をダウンロードのページで取得できますので、ぜひご活用ください。)

 

 当事務所では、広く一般的に利用されている資金繰り表から、それぞれの会社の事情を踏まえたオーダーメイドのもの(個々の会社の事情に合わせた手作りのもの)まで、多様な資金繰り表の作成・指導を行っています。

 

  また、ご好評をいただいている経営資料としては、つぎのようなものがあります。

 

 1.資金繰り表・・・・・・資金ショートを事前に把握することができます

 2.納税計画書・・・・・・いつ、いくらの税金を支払うのかを予測できます

 3.損益分岐点分析表

     ・・・損益をトントンにするために必要な売上高やコスト水準がわかります

 

 4.過年度比較試算表

     ・・・「期の途中までの経営成績」について当年、昨年、一昨年を比較できます

 

 5.部門別試算表・・・・・複数の業種、店舗、工事ごとの業績を把握することができます

    (新規事業、多店舗展開、受注判断、事業撤退、店舗閉鎖などの検討資料になります)

 

 6.予算実績管理表・・・・あらかじめ決めた予算と実績とを比較することができます

 

 7. 各種グラフ資料

     ・・・売上高、資金残高、借入残高、気になる科目などの推移が視覚でわかります

     (ex.広告宣伝費・開発費・外注費・交際接待費・残業代・支払利息など)     

 

 7. 固定経費管理表・・・毎月(一定期間の)固定的にかかる経費が一覧できます

     (予算編成や経費削減などの検討資料になります)

 

 

Q 1-20. 個人事業から法人へ移行する理由にはどのようなものがありますか?

 個人で行っている事業を株式会社などの法人に移行することを「法人なり」といいます。

 この法人なりを行うきっかけとしては、主につぎのようなものがあります。

 

  1.有利な税制を利用するため

  2.重要な取引先から事業の法人化を要求されたため

  3.事業を法人化しないと営業許可が取得できない(または困難な)ため

  4.インターネット上のショッピングモールに出店するため

  5.お客様(得意先)にクレジットやリースの利用が想定されるため

  6.事業の信用力を高めるため

 

 法人なりをする場合は、年間の予想売上高、役員報酬の金額、社会保険料の負担などを中心に、様々な角度からのシミュレーションが必要になりますので、法人を設立される前に、必ず税理士にご相談ください。

 

 

Q 1-21.電子メールで連絡や相談をすることができますか?

 日々のご相談・ご連絡については、電子メールでの対応も行っています。

 

 

 

 

税務調査について

Q 2-1.   調査官との面談で気をつけた方がいいポイントはありますか?

 その会社の経理の状況や調査官の経歴などにもよりますが、当事務所では税務調査に先立って、次のような内容をアドバイスをしています。

 

 ・聞かれたことにのみ答えるようにしましょう。

 ・調査官の指摘に納得がいかなくても不平や不満を顔や言葉に出さないようにしましょう。

 ・言い負かそうとしないで、粘り強くお願いする姿勢で納得してもらいましょう。

 ・一筆を求められても簡単に応じないようにしましょう。

 ・すぐに分からないことはその場で無理に答えずに確認してから答えましょう。

 ・"ない書類"は素直に諦めましょう。決して新しく作ったりはしないようにしましょう。

 ・帳簿や書類等についている”付箋(ふせん)”は必ず外しておきましょう。

 ・パソコンにあるファイルで誤解を招くようなものは事前に確認しておきましょう。 

 

 

Q 2-2.   税務調査の対象とされやすい会社にはどのような特徴がありますか?

 一般的につぎのような会社には、税務調査が行われやすいといわれています。

 

  1.個人事業を株式会社などに法人化(法人なり)した会社

  2.かつての調査で重加算税を課せられた(仮装隠ぺい行為があった)会社

  3.売上高や利益率(原価率)が大きく変動している会社

  4.同業他社と比較して決算書の数値が著しく異なる(不自然な)会社

  5.経常的に利益(課税所得)を計上している会社

  6.税金の還付請求をした会社

  7.不正発見割合の高い業種を営む会社

  8.内部告発があった会社

  9.申告書の作成に税理士が関与していない(自己申告している)会社

 

  ここにあげた例はあくまでも目安です。このような状況にある会社でも、10年以上調査が行われない会社もありますし、逆に3年に1回のペースで必ず調査を受けている会社もあります。 

 

 

銀行対応について

Q 3-1.  銀行が重視する決算書等のポイントは何ですか?

 決算書の『当期純利益』以外に、銀行が融資の審査の際に重視するポイント(ネガティブリスト)には、つぎのようなものがあります。

 

 ・架空の現金残高がある(粉飾決算の可能性がある)
 ・精算されない仮払金(立替金)が多額にある(どんぶり勘定の懸念がある)
 ・貸付金(又貸し)が多額にある(粉飾決算や公私混同の懸念がある)
   (貸付先・資金の使途・返済条件を明らかにしておきましょう!)
 ・有価証券が多額にある(事業投資ではなく投機の可能性がある)
 ・増加する売掛金がある(粉飾決算の可能性がある)
 ・増加する棚卸資産がある(粉飾決算の可能性がある)
 ・増加する開発費(繰延資産)がある(粉飾決算の可能性がある)

 ・債務超過(自己資本比率が0%以下)である
 ・現金預金の内訳書の各口座の残高が残高証明と異なる
 ・会社や経営者の所有不動産の登記簿に見覚えのない金融機関が表示されている

 

Q 3-2.  銀行の担当者に好かれる経営者のポイントは何ですか?

 銀行の担当者が経営者に対して抱く印象にはつぎのようなものがあります。

 

(プラスの印象を持つポイント)

  ・数字に強い
  ・細かい情報を開示をしてくれる
  ・会社のビジョン(こうなりたいという具体像)を持っている
  ・数値の推移に対しての具体的な原因や根拠がわかっている
  ・会社の強味・弱み・課題などが常に見えている
  ・金融機関の理屈を理解してくれる
  ・ウソをつかない

 

(マイナスの印象を持つポイント)
  ・数字に疎(うと)い
  ・情報開示を拒(こば)む
  ・発言が二転三転する
  ・高圧的な態度
  ・常に他行を引き合いに出す
  ・いつまでも古い話しを引きずる

 

  融資を実行するかしないかの判断は、銀行の上層部の審査部門で行われます。

   融資窓口の担当者は「会社の有利な情報を収集してなんとか審査を通したい」と

   思っています。つまり、あなたが会っている担当者はあなたの味方です。

 

 

   

経営相談で実感すること

Q 4-1.  経営者が抱える悩みで多いものは何ですか?

 クライアント様からの経営相談に乗っていて、よくお聞きするのはつぎのようなことです。

 

  1位:売上高が伸び悩んでいる

  2位:経費削減がなかなか進まない(コストがかかりすぎている)

  3位:資金が回らない(資金繰りがうまくいっていない)

  4位:いい人材がいない(従業員の採用や育成がうまくいかない)

  5位:将来の展望が見えない(経営戦略やビジョンがあいまい)

  

Q 4-2.  経費削減で注意したいことはありますか?

 クライアント様の経費削減の状況を観察していて気が付いたことはつぎのようなことです。

 

(1)従業員のモチベーションがさがること

  ex) 人件費(人員)削減 → 1人当たり仕事量が増加 → 優秀な社員の退職 → 人材難

 

(2)経営者のモチベーションがなくなること

  ex) 経営者のやる気がなくなるコスト削減 → 経営者の気持ちが沈む → 事業の足を引っ張る

 

(3)売上の低下が予測されること

  ex) 売上を作る費用(広告費、販売促進費、営業経費、開発費)の削減 → 売上の獲得機会の減少

 

(4)商品の品質低下になること

  ex) コスト削減 → サービスや品質の低下 → 商品の価値が低下 → 顧客数、顧客単価の減少

 

(5)信用を裏切ること

  ex) 長年築いてきた信用の切り売り → 回復には何倍もの時間とコストがかかる

 

(6)法律に反すること

  ex) 粉飾決算、脱税、偽装表示、不法投棄など法令違反 → 利害関係者の信用失墜 

 

(7)経費削減の理由や根拠が不明確こと

  ex) 経費削減に明確な理由や根拠がない → 際限のない過剰なコストカット

  

 

Q 4-3.  経営者自身が「本当に辛い...」と思う瞬間とはどんな時ですか。

 クライアント様からの経営相談に乗っていて、よくお聞きするのはつぎのようなことです。

 

  10位:謝りに行かなければならなくなったとき

   9位:社員を怒るとき(特に従業員に怠慢や隠し事があったとき)

   8位:板ばさみになるとき

   7位:ムダに高価なものをもってないといけないとき

   6位:眠れないとき・寝付けないとき・寝る時間がないとき

   5位:ブラックの同業他社とぶつかるとき(無意味な単価のたたき合いにあったとき)

   4位:支払いの良いお客様から「ぼったくってしまっている」自分に気が付いたとき

   3位:仕事を断るとき(様々な理由から)

   2位:お金を借りるとき

   1位:お金の事しか考えられなくなるとき

 

 

Q 4-4.  経営相談の具体的な相談相手は誰ですか?

 定期的に経営相談をしている相手先として、経営者はつぎのような先を想定しています。

 

   1位 : 顧問税理士・会計士(68.1%)

   2位 : 経営陣(自社の幹部)(34.9%)

   3位 : 家族、親族(利害関係者)(27.4%)

   4位 : メインバンク(主要取引銀行)(17.7%)

   5位 : 出資者、株主(15.8%)

   6位 : 同業種の経営者(13.0%)

   7位 : 経営コンサルタント(11.0%)

   8位 : 異業種の経営者(10.6%)

   9位 : 従業員(10.3%)

   10位 : 取引業者(8.6%)

 

  *Art & Science ~ 技術と感性
  *Art & Science ~ 技術と感性

天野俊裕税理士事務所

 〒252-0131

   神奈川県相模原市

   緑区西橋本4-11-25  

対応エリア

東京都(八王子・町田・多摩地域)

神奈川県(相模原・厚木・県央地域) 

電子申告

当事務所は国税及び地方税の電子申告にすべて対応しています。 

税理士の使命

税理士は、税務に関する専門家として、

独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそつて、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。(税理士法第1条)

ご相談ください